2017年7月17日月曜日

ガラスの器で涼やかに

花を生ける器は、水が張れればなんでも大丈夫。
水を直接張れないものは、水を張れるコップやら空き瓶やらを落としにして。
基本的にはそんな考えで日頃から花を生けています。
いわゆる花瓶とされているものでは、ガラス、 陶器、スチール製が
一般的ですが、皆さんが一番多くお持ちなのはガラスの花瓶でしょうか。
シンプルなガラスの花瓶は癖がなく、1個持っていればとても便利ですね。
ただ、シンプルがゆえに、それなりの花の量がないとみすぼらしくなり、
少し工夫して生けないと、かなりの凡庸な昔っぽいアレンジに見えがちです。
なので家で少しの量の花を生ける時は、グラスやピッチャー、空き瓶などの
生活雑器に生けることが多くなります。
それはそれで、暮らしになじんでとてもいいのですが、
花瓶という道具は「餅は餅屋」とでも言いましょうか、
やはり理にかなっていて、懐深く花を受け止めてくれるようにも思います。

先だって、川越のうつわギャラリー「うつわノート」さんで、
目片千恵さんのガラス展のお花を生ける機会をいただきました。
小さな一輪挿し、掛け花入れ、小ぶりの花瓶、金魚鉢などに生けました。
金魚鉢以外は花器として作られたものです。
目片さんの作った花器に花を生けると、花瓶という道具の利便性と、
いわゆるガラス花瓶と言われる物の凡庸さではない、
そう、私が生活雑器を好んで花を生ける感覚に近い、自然な落ち着きを
感じることができました。
器と花と引き立てあって、調和して、佇まいになる。
そんな懐の深さを実感し、また勉強になりました。
作家物の花器はオブジェのようにそれだけで完成している印象が、
自分の中にありましたが、そうではないんだ、花をおおらかに
受け止めてくれるんだ・・・と、自分の可能性が開けたように思います。



イチゴの葉とブルーベリー
ハマナスとヤマアジサイ
ぬかきびとヤマアジサイ

ブラックベリー、コケモモ、葉山椒、刈萱


小さい器は2種類ほど、少し大きいのも4種5本ほど。
器のフォルムや色や、個性と調和するように生けましょう。
引き立てあって夏らしく、涼やかな花に仕上がりました。
家でもガラスの器に早速生けたら、うちの中に涼風が吹いたような。
夏のガラス器はいいですね。
みなさんも、小さいものでも十分なので、ガラスのちょっと素敵な花器に
生けてみてください、夏の草花や枝に実など。




2017年7月2日日曜日

緑だけもいいもんです

今年も半分が過ぎ!!7月を迎えて後半に突入です。
まだ半分あるといえばそれなりに長さはありますが、
それにしても光陰矢の如しと言いますのでしょうか、あっという間に半分。
焦る気持ちもありますが、歳とともに「あっという間も幸せ」と
元気に毎日が送れたことに、喜びを見つけることが出来るようになりました。笑

空梅雨のような今年の雨模様ですが、ここに来てちょっと梅雨らしくなり、
湿度が上がって来ましたね。
晴れた日は夏日にもなりますし、とにかく花の持ちが悪くなってきました。
お花の生徒さんたちにも恐縮しながらの7月になります。
私も最初は花が入った状態で生けることがほとんどですが、
水を替え、整理して、生け直すのを3回くらいすると、
ほぼ緑だけが残るようになります。
それに新しい花を足して生けるのありですが、庭に咲いているなら切ってとか。
でもわざわざ買いに行くのもな・・・ときっとなるでしょう。
私は案外、緑だけで生けるのもいい感じで結構好きです。
「花を生ける」仕事ですが・・・いわゆる「花」に限定しているのではなく、
植物、自然な物などあわせて「花を生ける」という気持ちです。
実際自分のインスタグラムの一覧を見ると、緑の比が多いのに笑っちゃうような。
よかったらご覧ください!


最初は花が主役に入っています

こちらも紫陽花がしっかりと主役に


水を替えて、ダメになった花を整理して、使えるものを幾つかに分け切り戻し、
組み合わせも少し考えながら、それぞれの長さに合わせて器を選びます。
3回めで4つの小さいアレンジになりました。
ほとんどが緑ですが、緑の色も形も色々なので、
メリハリやグラデーションが生まれ、この時期に涼やかさも感じられます。








緑のアレンジ、なかなかいいですよね!
花持ちの悪い季節に、涼やかに夏の緑のアレンジを楽しんでみてください。

2017年6月17日土曜日

紫陽花の季節です

入梅したものの好天の日が多く、湿度もまだそんなに上がらず
あまり梅雨らしくない6月の半ばです。
どちらも嬉しくはありますが、雨が降らないのも困ります。
この季節の雨は「恵」ですからね。
私の好きな花木、紫陽花も水が大好きです。
雨に濡れたしとやかな様、梅雨晴れ間に水滴を輝かせた様、
そんな姿が紫陽花にはやっぱりお似合いに思います。


スタンダードな青い紫陽花はやっぱりきれい


紫陽花好きなので、アレンジに、教室に、撮影にと生けたくなり
この時期は、ついつい鉢物を買って切って生けて・・・、
いろいろな色、種類の株が増えてしまいます。
庭があるわけでなく、狭いベランダと玄関先に置く鉢の数にも限界が。
で、またまた家の前の緑道ジャック?!で今年も4株植えちゃいました。
そしてベランダを整理して、緑の中に一株、白い紫陽花を。
来年、育った色々な色の紫陽花を生けれるなぁ〜〜思うと、ニンマリです。



緑の中に白が映え、爽やかにまとまりました

青露や弾け転げるガラス玉  綾 

以前、紫陽花の季節に作った自分でもお気に入りの句です。
梅雨もこれからが本番になるのかな。
長雨は鬱陶しく思いますが、
紫陽花の葉に、こんな景色を見つけて楽しく過ごしてまいりましょう。

おまけは、最近観た映画と写真展。
あれやこれやと言い出すと長くなってしまいますので、それは控えて。
映画は「マンチェスター バイ ザ シー」「20センチュリー ウーマン」
写真は「ソール・ライター展」
どれも観たいと思っていて、うまく時間を作れて観れました!
それぞれ、色々な光(見えるものも見えないものも)の美しさを感じ、
余韻が溢れる作品でした。よかったら観てみてください。








追記
ビルケン歴30年近く、なんの根拠もないけどそろそろ卒業と思っていたが、
20センチュリーウーマンを観てやっぱりと・・・この夏のnewビルケン。笑

2017年6月1日木曜日

森林浴と深呼吸の旅へ

5月さいごの週末に、福島県裏磐梯へ出かけてきました。
ずいぶん経ってしまってますが、昨年年末の打ち上げということで、
今回もリースから迎春飾りとお手伝いいただいた皆との旅です。
去年の11月から、裏磐梯に行こう!という事になっていて、
せっかくなら新緑の季節がいいね、と今までお預けにしていました。

正式には「磐梯朝日国立公園」という福島、山形、新潟の3県にまたがる
大きな地域で、今回行ったところはその中の会津・裏磐梯という
ほんの一握りほどの場所。目的は自然散策とホテル。
ホテルは何かの記事で見て以来、ずっと行きたかった「ホテリ アアルト」
使われなくなっていた山荘をリユースし、宿泊施設として蘇らせたホテルです。


裏側の食堂サイドの外

リビングスペースもすごく落ち着きます!

夕飯は地産の食材でフルコース

朝食もたっぷりです

すごくおしゃれなホテルですが、いわゆるデザイナーホテルともちがう
素朴さとシンプルさが、まるで家にいるような居心地の良さを与えてくれます。

そして森林浴は、初日は五色沼自然探勝路をゆっくり。
4km1時間半ほどのコースですが、毘沙門沼でボートに乗り、
ワイワイ歩いて3時間弱・笑。
小さな沼も含めると9個ほど。どれも違った色をしていて不思議です。
底に堆積した鉱物やらで色んな色になっているそう。
そして周りはどこまでも緑、緑、緑です。
翌日は、まずはホテルの敷地の散策路を楽しみました。
いやいや、宿泊施設だけではないですよ、アアルト!!
この散策路の素晴らしいこと。幻想的な森の景色が広がります。
チェックアウト後はレンゲ沼、中瀬沼探勝路から桧原湖畔探勝路と歩きました。
桧原湖は「福島の松島」と呼ばれるらしく、湖の中に木のある小さな島がいくつも。
吊り橋からの眺めも良かったです。


青緑の沼は毘沙門沼

空色の沼は弁天沼

桧原湖畔の吊り橋

アアルトの森は幻想的

天気予報は晴れでしたが、3方を山に囲まれているせいか?
ちょうど上に雲がかかり、時折霧雨が降っていた2日間。
でも歩くときは降られずに、たまの薄日が濡れた木々を煌めかせてくれました。
そりゃあ晴れていたら気持ちは良いのでしょうが、
ありがたみはこっちの方があるかもな〜〜〜、なんて。
緑のミストを浴びて、大きく深呼吸をした贅沢な2日間でした。

帰ってから生けたギフトの花も、緑が多くなりました。笑






出会った景色、そのときの気持ち、そんなものをいつも花に託しているような。
皐月、5月は緑の月でした。
そして6月、雨の季節、水無月のスタートです。
恵の雨を楽しめますように。




2017年5月15日月曜日

夏支度の始まりです

立夏も過ぎ、緑が濃く空を埋め尽くしてきたら、もう5月も後半です。
やたら暑いまさかの夏日が幾日かありましたが、ちょっと落ち着いてきたかな?
そんなことを思っていると、ちょっぴり梅雨の事も気になってくる頃ですね。

私は連休があけてからは、花の教室、母の日そして夏のリースの納品が重なって、
怒涛のような週でした。
今年は母の日が遅くて、カレンダーの都合でどうしても他の仕事と
同じ週になってしまいました。
なんとか無事に業務完了したあとは、えらい脱力感がやってきて、
こういうのも年々きつくなってきたなぁというのが本音かも?!
それでも、いろいろなご縁で仕事をいただいていますから、
ほんとうにありがたい!!ので、自分でちゃんとメンテナンスしながら
ずっと花の仕事をしていきたいと思っています。

そんな中、納品終えた夏のリース。
今週末くらいからお店でご覧いただけるかと思います。
私の部屋池袋、名古屋、札幌、熊本店さまの4店舗での展示販売です。
6月の後半には自由が丘店様もスタートします。


インディゴブルー

ライトグリーン

パウダーブルー

ナチュラルはキウイのつるでベースも作りました

ボールオーナメントも久々にお目見得

吊るしても、置いてもかわいいです


夏らしいラインナップになりましたよ!
秋冬と同じプリザーブドアジサイがメインですが、色のトーンや組み合わせ、
そして合わせる副花材を草っぽくしたり、白や黄色、青を差し色にして入れたり
リボンを軽やかにしたり・・・そんなことで季節感を出すように工夫しました。
部屋の模様替えは大変ですが、ちょっとした小物使いで季節の景色になりますね。
うっとうしい雨の季節が来る前に、夏のリースやオーナメントで
夏の支度をぜひ初めてみてください!



母の日のギフトアレンジはこんなイメージでお届けいたしました!


そしていくつかいただいた母の日のお花は、芍薬をメインに生けました。
ありがとうの気持ちを、季節の旬の花にのせて。
こちらも初夏の景色を楽しんでいただければと思います。





2017年5月5日金曜日

新緑の季節に、緑を愛で、生けて。

好天に恵まれたゴールデンウイークも後半になりました。
こんなにお天気が続くと、嬉しくなりますね。
私のゴールデンウイークは特にゴールデンな事柄はなく、
ご注文頂いている夏のリース作りをコツコツとしながら、
合間にちょっと出かけて・・・楽しく過ごしています。

まずは、横須賀美術館と葉山に1日トリップ。

デンマークのデザイン展が開催中です

葉山の昵懇さんでテディベア展を

夕暮れの葉山の海岸


次は、品川の原美術館。


エリザベス ペイトン展を観てきました


横須賀美術館、 原美術館、郊外と都心ですがともに建物も素晴らしく、緑がある美術館。
文化と自然が共存して、景観となっていて、大好きな美術館です。
ゆっくりと時間が流れる空間で作品を観ることができますよ。

そして、皐月五月は緑がぐんぐん伸びて輝く、新緑のきれいな季節です。
が、家で制作仕事をしているとついこもりがちに。
犬の散歩と植物の水やりでかろうじて戸外に出るような日もあります。
少しの時間でも、毎日変化する木々の緑を見ては喜んでいます。
新緑は、ちょっぴり疲れた目と体と心をリフレッシュしてくれますね。


葉山椒の花が咲いています

草苺も咲きました

イチジクも実が付いている!!

小さな植え込みにも初夏の匂いがしてきました。
生けるのにも大好きな初夏の花や枝物、緑が増えてきます。


二輪草と踊子草

愛知からの山採りの花、生けました

野趣溢れる花を生けるのは、とても贅沢で幸せな時間です。
季節の風を皆さんにも感じてもらえるともっと嬉しい。

花を生け始めて30年と少し、プランツスタイリストとして仕事をして25年と少し。
その時その時いただく仕事に感謝しながら、私なりに走ってきました。
なにかの節目にあたると少し立ち止まり、いろいろな事を考えながら。
その節のひとつ、年齢的にもこれからの事を考える50歳を迎える頃に
ぼんやりと「これから先はどんな風にしていきたいのか?」と
能動態で考えるようになりました。
これまでは、もう少し受け身だったのかもしれませんし、
あるいは迷いがなかったのかもしれません。
そして55歳を過ぎた今、
スタイリストとして、依頼頂いた仕事の意図に合わせて生けることと、
もうひとつはもう少し自由に、表現として生けることをしていければと思っています。
そんな思いを「花手」という肩書きに込めました。
歌を歌う人を「歌い手」というのと同じようなイメージです。
ずっとずっと、花を生ける人でいよう。
そんな思いと決意を込めた新しい肩書きです。
「花手・井出 綾」をどうぞよろしくお願いします。




2017年4月17日月曜日

母の日のギフト

今年の母の日は5月14日(日)です。
気がつけば、ひと月を切っていました。
今年も母の日のギフトアレンジをご用意させていただくのですが、
ちょっとご案内が遅れてしまってます。
母の日なので、何年もカーネーションを使ったアレンジを作っていましたが、
昨年よりこだわらずに、季節の花を送らせていただいております。
今年も地味目ではありますが、初夏の風を乗せて季節の花を、
大切な方へお届けさせていただきます。
ご希望ございましたら、ホームページのコンタクトからお申し込みください。


グリーンとピンク、ブリキのポットに寄せ植え風にアレンジしました


そして、私の部屋リビングさまの自由が丘、池袋、丸の内、国立、横浜、
柏、新潟、札幌、あべの店様にて、母の日のプレゼントに添える
コサージュ仕立ての小さなブーケを販売いただきます。
丸いケースに入ったプリザーブドフラワーのミニブーケ、
レッドとベビーピンク、ローズピンクの3色です。
可愛く仕上がりましたので、よかったら店頭でお手にとってみてください!


母の日にスタンダードなレッド

こちらは可愛いベビーピンク

ちょっと大人なローズピンク


桜もすっかり葉桜になり、昼の気温も上がってきました。
あとちょっとで初夏がやってきますね。
母の日ギフトのサンプルを生けた後に、残った芍薬を小さく生けました。


コーラルピンクと黄色、バックの青も効いて
モダンなコーナーになりました!


これから街路や庭に咲く大好きな山吹を添えると、
次来る季節がぐっと近づいてきたようです。
風薫る、緑輝く季節ももうすぐですね!