2019年2月17日日曜日

蓄えて春を待つ、冬の花

寒い、寒い!2月はやっぱり寒いですね。
立春過ぎて気持ちだけは一瞬でもほっこりしたけれど・・・・
まだ春が近くには感じられないのが2月です。
年末のバタバタから正月があり、1月は後半の半分くらいに仕事が集中するせいか
あっという間に終わって・・・・ちょっとペースが緩やかになる2月、
課外活動に勤しみ、そして半ばが来ると、確定申告の作業。
集中してやるせいもあり、「あー、寒そうだな〜〜」と
窓から外の景色を眺めながら、一日外に出なかった!なんてこともあったりで、
大好きな枝物を生けて、春を待ちながら過ごしています。 
ちょうど、前にも紹介させていただいたweb「TOKOSIE」の2回目でも
枝物の楽しみ方をご紹介させていただいてますので、ぜひご覧ください!



この時季よく生ける椿は花らしい枝物、
一輪でも華やぎがあって和にも洋にも楽しめます

まさに今の季節の記事になっています!!


そして、ある課外活動のひとこま。
姪っ子とオペラシティでの石川直樹さんの展覧会に行った時。
姪っ子が写真を撮ってくれてたのですが、それを絵にも描いてくれました!
インスタにアップされた絵を見たら、なんか可愛くて、嬉しい!!
ので、見てください。



自分というのはさておき、可愛い・笑


毎年だいたい仕事のペースはゆっくりの2月ですが、
メリハリ良く楽しんで過ごしています。
年とともに焦らずに、楽しめるようになってきてるような・・・
少し力も蓄えて、春を待つ2月です。




2019年2月2日土曜日

春先駆けのリース!オールシーズン楽しんで。

2月になりました。
節分、そして立春と暦には新しい季節がやってきます。
正月に新年を祝ったところですが、節分と聞くとまたここから!!
なんて思うのですが、皆さんはどうですか?
そして立春と聞くと嬉しい気持ちとホッとする気持ちがわきあがりますが、
実際は「春が立ったと言うけれど・・・」と思い、お彼岸までは我慢の時期です。

さてさてそして仕事では春に先駆けて?かな?
リースをいくつか作りました。
お世話になっている私の部屋さんのルクア大阪店様でのリースの展示販売。
ギフトのご注文。
春に出る冊子でのリースとスワッグの撮影。
上ふたつは商品として、プリザーブドフラワーで作らせていただきました。
撮影はフレッシュでそのままドライになるタイプ。
どれも青いあじさいとユーカリを使ったのですが、それぞれの目的に合わせて、
それぞれの味わいが出るように作らせていただきました。
こんな風にコンセプトワークをするのは楽しく、
プランツスタイリストと名乗ってやってきたことはやはり間違いでなかったなぁと
そんなことをしみじみ思ったりする昨今です。


私の部屋ルクア大阪店さま用はグリーンを遊ばせて
この他にアジサイメインのタイプもご用意しています。

こちらはサロンのオープンのお祝いに青とグリーンとのリクエストから
エレガントに、フェミニンに。

冊子の撮影ではたくさんの方に見てもらうことを意識してポピュラーに。
フレッシュは瑞々しさがありますね!
(まだ部分しかアップできず、すいません)

春に先駆けて、冬とはまた違った味わいのリースを飾るのも素敵ですよ。
みなさんもぜひ、オールシーズンで楽しんでください!!


オリジナルの花のこよみ、如月2月はパンジーです。
添えた枝は「アブラチャン」。
冴え渡る空には小さな芽吹きがちらほら、実際の2月はそんな景色です。
ちょっと短い2月を楽しんで参りましょう!!



2019年1月18日金曜日

寒中に春のきざしの花を楽しんで

冬らしく、寒中に入ってからは本当に寒い毎日です。
このあとは大寒だからもっと寒くなるのか!!と、寒さに弱い私は縮こまり気味。

そんな中、今年花あわせレッスンもスタートしました。
ここ何年かは毎月のテーマを「季語」からとっています。
1月は「初東風」という新年の季語です。
まだまだ寒い冬の空、一瞬ふわっと東風が吹けば「ああ、春は来るんだな」と
もうひと頑張りできるような気持ちになりますね。
花も冬は冬らしく楽しんで、でもその中に春のきざしが見えるような。
そんな組み合わせで選びました。


枝、常緑の葉にちらりと明るい花を


水揚げの時に出る小さい枝や葉を生けました
ちょっと芽吹いた枝に春をみつけて

こちらも常緑の枝、あせびと早春のエンドウ豆の花で春待つ景色を

こちらは今年最初のご注文いただいたギフト
春をぎゅっとつめました。


そして、1/16からアップされている「TOKOSIE」というwebmagazineで、
この時季に手に入れやすい早春の花を生け方、楽しみ方をご紹介させていただきました。
こちらは前後編2回を担当させていただいてます。
2回目は2/13にアップで、冬の枝物、常緑の楽しみ方と、
ベランダで育てた花を生けてご紹介いたします。
ぜひご覧くださいね!! 
TOKOSIE  https://tokosie.jp/smart-ideas/9563/


1回目のテーマはこんなの


では、まだまだ寒さ厳しいですが、春を待つ花を楽しんで元気に参りましょう!!

2019年1月5日土曜日

新年のごあいさつ〜自由を謳歌する年に!

2019年、あけましておめでとうございます。
元日から好天に恵まれ、穏やかな新年の始まりですね。
私は年末までバタバタしてましたが、三が日も含め七草まではゆっくりです。
年とともに「無理をするのはやめよう!」と思えるようにずいぶんなり、
年とともに「面倒を見なければならない」ということが無くなってきて、
なんだかとても静かに東京でのお正月を過ごしています。


毎年お米屋さんにおねがいしている鏡餅


こちらも毎年恒例の鎌倉詣り

やっとベランダを綺麗に整理

玄関先の植え込みも綺麗に!

泣けた〜〜〜!!


良かったです!!この映画


1日、ゆっくり起きてコーヒーを飲んで、午後に息子とお雑煮食べ、夜に氏神様へ初詣。
2日、午後から友人とランチして、武道館へ!清水ミチコライブ♫
3日、長年の友と恒例の鎌倉詣り。お昼をリッチなフレンチで楽しく過ごす。
4日、ちょっと仕事始め。事務仕事などを。
5日、お天気良く、ベランダと外の苗の植え替えや整理、勝手に緑道を緑化活動。
そして、しばらく我慢していた(?)映画をいくつか観ました。
「ボヘミアンラプソディー」は劇場で。クイーンファンでもないですが、泣けた!
とっても感動しました。最後は一緒に踊りたいくらい、笑。
「彼らが本気で編むときは」「犬が島」「男と女の観覧車」「サーミの血」
「しあわせの絵の具」をDVDで。
しあわせの絵の具はイラストレーターの友人から良かったと聞いていたのですが、
良かったです〜〜。邦題からはパステルなイメージを抱きがちですが・・・
違う違う!アンダーな映像に溢れる光が綺麗で、ストーリーもいい。
役者さんがまた素晴らしいのですが、このイーサンホークは私の中で一番!!
最初、似てるけど違う??と思うほどで、いい役者さんなんだなぁとつくづく。

と、自由気ままな新年のスタートですが、
今年はより自由な気持ちを謳歌して、楽しんでいきたいと思っています。
そして変わらず季節の花を生けて、皆さんにお届けしたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします!!

新年のご挨拶の回とさせていただきます。





2018年12月24日月曜日

12月は冬の緑を楽しんで

11月の後半からは繁忙期もたけなわ(?)で、
秋の終わりは・・・・と前回にアップしてから、早、師走、年の瀬に。
レッスン、ワークショップでは針葉樹のリース作り、
初めてのイベント出店、URAWA marcheには針葉樹のアレンジや
リース、スワッグにお正月の松のアレンジやお飾りなど。
ギフトもクリスマスを意識したアレンジに。
そしてもう10年近くになったでしょうか?
インテリアショップでお取り扱いいただく迎春飾りの制作と、
和洋ともに針葉樹まつりのような12月でした。


シンプルにコニファーと枝で作ったリース。

久々にモミを使ってスワッグに。

URAWA marcheでは古道具の缶に冬の森のアレンジを。

こんな風に店(?)作り、ディスプレーしました。

今年も餅花を手作りしました。雪のようでお気に入り!

しめ飾りはスタッフと4人で今年もたくさん作りました!

今年の新しいデザイン、松と餅花の正月飾りは白で凛としたものに。


合間の撮影で、早春の花も生けましたが、ほぼ緑、緑、緑の景色が
澄んだ冬の空気のなかに映えて綺麗な師走でした。
深い緑は、潔く、神聖で、新緑の頃の爽やかな緑とはまた違う魅力がいっぱい。
ぜひ皆さんも冬の緑で、年の終わりと新年を粛々と彩ってみてください。
今年もありがとうございました!!


2018年11月19日月曜日

秋の終わりは艶やかに

11月も半ばをすぎると秋の終わりを感じるようになりました。
12月の後半の冬至までは、日に日に暗くなるのが早くなり、
なんだか時間の感覚が妙に気ぜわしくなるような毎日です。

教室などの花生けは晩秋、秋の終わりの花をたっぷりと楽しんでいただきました。
そして、ここからはクリスマスのレッスンが続いて、
迎春飾りの納品も続いて、一気に年末の気分になります。
そんな秋の終わりにとても嬉しいプレゼントが届きました。
数年前に故郷にUターンされた生徒さんと、最近フェイスブックで繋がって・・・
アップされた内容が、ご実家の庭の菊の花がもうおしまいということ。
思わず「かわいい」とコメントをしたら、
倒す前にと切って送ってくださいました。
色とりどりの野菊が箱からいっぱい!!
水揚げしながらも、ついカゴに入れて飾りました。


水揚げがてら飾って楽しみました
ただ入れただけでもこんなに可憐でかわいい!

愛知からきた山採りの蔓や実と
ちょっとクラシックなイメージで生けました

こちらは野山の花の会の花材の野菊
実生で茎が踊っています



花あわせレッスンでお願いしている那須の池田さんの花も菊、
プレゼントの菊、
野山の花の会の水野さんからも菊と、
次々とやってくる菊はどれもほんとうに可愛くて、
今年の秋はたくさんの菊を楽しんで生けました。
こんなに菊を好きになれたのも、
自然の姿の花をいただくことができるようになったから。
とっても贅沢な花を生けさせていただいています。
まだまだ花を生けていけるよ〜〜〜〜!!ってしみじみ思った秋の終わりでした。
さて、冬は冬らしく、楽しんで参りましょう。



2018年11月2日金曜日

晩秋から冬の準備へ

ハロウィンも終わり11月を迎えると晩秋の頃になりますが、
街はクリスマスの景色へと模様替えの時期になりました。
カレンダーを入れ替えて「ああ、今年もあと2枚・・・」と
月日の経過の早さに驚いて、ちょと慌ててしまいます。

この時季になると仕事は「晩秋」「クリスマス」「正月」が行ったり来たり。
頭の中がグルグルしてしまいますが、落ち着いてひとつひとつ丁寧に、
自分に言い聞かせながら無事年末まで頑張りたいと思います!

まずは晩秋の花生け。
秋の代表花のような菊と紅い実ものを生けました。
どちらも紅白の取り合わせになりました。
若い頃はこういう色あわせはなかったな〜〜と思いながら。
白は無色で色のサークルの中には無いので、色を合わせるのが難しく、
なかなか綺麗にならなかったり・・・そういう色です。
ようやく自分なりの合わせ方が出来てきたのかな?!と嬉しくなりました。
そして、菊の花を昔より好きになった自分がいるのも嬉しい!


踊り菊は踊るように、自由に生けよう


山白菊は渋可愛く、可憐に


そしてクリスマス!!
ワークショップがいくつかあるのと、カルチャー、レッスンなども
軒並みリース作りになり、この時季になると「やっぱりフレッシュ!!!」と
針葉樹のリースの試作や、そのほかアレンジも作ってみたりしています。


ピンクを入れてちょっとガーリーに
若いママさん向けワークショップの見本です

こちらは撮影でバラした材料を集めて
シンプルに大人っぽい針葉樹のリースに

針葉樹のリースはどれも似通いがちなので、自分の思いを大切に作るようにしています。
今回は白と緑、うっすらと雪景色を思い描いてみました。

お正月は、いよいよしめ飾りの資材も揃ってきます。
下ごしらえを進めながらの毎日です。たくさん作りますよ〜〜!!

朝晩は冷え込むようにもなってきてます。
みなさん、お風邪など気をつけて晩秋の美しい季節を楽しんでくださいね。
(クリスマスは少し先のお楽しみに!!笑)