2019年8月16日金曜日

青春プレイバック!?の夏

7月の最初にカリフォルニア、ヨセミテの旅に出かけ、
夏の大イベントが早くも終了!と言う感じで、暑い暑い8月を過ごしておりましたが、
実はもう一つ、イベントがあったのです。
それは、なんとなんと!!10代以来?の野外ライブフェス。
10代は故郷、関西で過ごしていましたが、
ちょいちょい野外ライブに行くことがありました。
その頃は「フェス」なんて言葉はなかったように思います。
「フジロック」が人気を博し、最近は夏はフェスの目白押しですが、
疲れるよね〜〜〜、暑いしなんてくらいに思っていました。
そんな私が、この歳になってなぜ?と言うところですね。
音楽だけに拘わらず、展覧会やスポーツなど、
やっぱり生で観るのは格別で、それは自然を見にいくのにも通ずるように思います。
今回は、好きなアーティストが出るので、友達を誘って野外フェスに初チャレンジ、笑。
猪苗代湖畔の「オハラブレイク」に行ってきました!


バスの行き先がなぜか・・・会津若松!
しょーがないので喜多方らーめん食べて、在来線で目的地に、笑。

ゆったりとしたフェスで、アートや演劇、落語などもあり、
いわゆる音楽フェスとはちょっと違う楽しいフェスでした。

湖畔の夕暮れがすばらしかったです!

熱唱!宮本浩次

初日は、ちょっとしたミスでバスが猪苗代を通過してしまい、辿り着いたら夕方に。笑
こんな笑い話も旅の楽しみと思えるのが、また楽しい。
ほとんど持っていった折りたたみの椅子に座って、のんびり過ごしたような?
こんなフェスならのどかに楽しめて良いなあ、と思ったフェスでしたよ!

違う休日は、近代美術館葉山にプチトリップ。
柚木沙弥郎さんの「鳥獣戯画」を観に行ってきました。
97歳、現役作家。
「転機と思って描いた」とのことに、ただただ驚き!
もちろん、素晴らしい鳥獣戯画でした。



お土産に図録と本と。



 また違う週末は、打ち合わせに長野の穂高に。
帰りに連れて行ってもらった「フランス式階段工」と言う場所。
砂防のためのダム的なものですが、景観が考えられたダムで、水と緑が綺麗でした。
帰りが大渋滞で、9時間もかかって帰宅でしたが、
それも「帰れて良かった〜〜」くらいの緩い自分に、これも年の功か?と。


緑を見てると機嫌がいい私です。



こんな風に書いてみると、我ながらのフットワークの良さ!?笑
夏休み感満載の7、8月ですね。
なんでもと言うわけには行きませんがチャンスがあるときは、
会いたい人に会いに、観たいものを観に、行ってみたいところに出かけよう。
そう、人生は一度、楽しんで行こう!!
そんなことを思う年になったよね、年を取るのも良いものかも?と、
つくづくの青春プレイバックの夏でした。

2019年8月2日金曜日

夏のドライリースを作りました!

長い長い梅雨が開けたら、いきなり猛暑になりました。
あまりに梅雨が長くて、夏が来ることを忘れそうでしたが、
一気に夏がやってきた感じで、体がついて行きませんね。
こういう時は熱中症などにも注意して生活してください。

さてここ数年、ドライ花材が流行しています。
前にもご紹介した「私の部屋 自由が丘店」さまの
「まいにちと花コーナー」の商品でお取扱いいただくリースやスワッグを
夏に合わせて、ドライで作ってみることにしました。
普段はドライをあまり使わないのですが、暑い夏にはいいかな?と思ったのと、
いわゆるネイティブプランツ系ではないものにチャレンジしてみようと思ったから。
材料を探しに行ったら”ピン!”と来たのが「グラス系」でした。
これなら何か作れそう、そんな気持ちになりました。
頭の中で少し形が見えたような、そんなグラス類を集めてスタートです。
と言うことで紹介!!


しゅわしゅわっと穂を丸く、銀色の輪っかようです。

こちらはまだ生のユーカリをミックスしてスモークツリーとシスターファンと。

ブラシの木とプリザのピンクの小花を合わせてみました。

アワやヒエなどでスワッグを。


夏らしく、自分らしいドライのリースやスワッグが出来ました。
早速お店に納品に行きましたので、手に取っていただけます。
ショップサイトのコラムも8月になりました。
合わせてぜひご覧ください!!


夏らしい花飾りをご提案しました。

私の「花のこよみ」も8月はドライフラワー、
植え込みの紫陽花が立ち枯れて素敵でしたので、一緒に撮ってみました。
8月は葉月。「草木が枯れる月」です。
こうやって、リースを作ったり、植物の世話をしたりしてみると、
なるほど、と思いました。
枯れることも美しい。これも自然の景色、営みですね。


葉月は草木が枯れる月。


夏も夏らしく無理をせず、自然と一緒に、花を楽しんでみましょう。

2019年7月16日火曜日

サンフランシスコ旅日記

先だって7泊9日でサンフランシスコの方へ、早い夏休みの旅行に行ってきました。
と言っても実際は、サンフランシスコの近くに暮らす友人のところへ行く旅です。
30歳になった頃、花の修業先で知り合い、
その後偶然にもランドスケープの勉強の場所も同じくした友達。
そしてまたランドスケープの勉強の時に知り合った友人と、
「お互いの子育てやら、色々が落ち着いたら一緒に行こうね!」
と言っていた夢が叶う旅になりました。
そんな3人ですので、街より緑、花、自然ということで、
旅程の中に2泊3日でヨセミテ国立公園の旅を入れ、念願のヨセミテ再訪にも!

ざざっとですが、今回の旅を時系列で書いてみます。

お昼過ぎにサンフランシスコに到着。
友達家族が迎えにきてくれていて、そのままベイエリアに向かいます。
おしゃれなガーデンショップに寄り、ゴールデンゲートブリッジを渡り、
ウエルカムディナーはアリスウォーターの「シェパニーズ」!!


前回は霧の中のゴールデンゲートブリッジでしたが、今回は少し見えた。
でも、ヴューポイントで止まれず・・・・笑

倉庫街のようなところにあるお洒落なガーデンショップはカフェも併設。

苗や資材のディスプレーが、そのまま庭を想像出来そうです。
見せ方が綺麗でなるほど!と思いましたよ!

湾を右にしてぐるりと違う橋を渡るとバークレーのエリアに
広い広いサンフランシスコ湾が穏やかで綺麗です。

ナチュラルでオーガニックなカリフォルニア料理のパイオニア
アリスウォーターのお店「シェ パニーズ」
2階がカフェでリーズナブルにご飯が出来ます。
お店はオリエンタルな感じも取り入れたお洒落で落ち着いた雰囲気。

2日目はヨセミテの練習(?)も兼ねて郡立公園へ行って、足慣らし、笑。
地元のスーパーをいくつか周り、友人宅で彼女が育てている花を生けたりして
ローカルな1日を過ごしました。


7月ともなるとかなり乾燥してきています。
日本の景色とは違う自然のありようです。

カリフォルニアらしく大きく育った花

やっぱりどこで生けても和洋折衷!!笑


スーパーではどっさり並んでいて、過剰包装はない。

さあ3日目は、今回のメインイベント「ヨセミテ国立公園」への女子旅です。
8年前は外のホテルで1泊。後ろ髪を引かれながら帰りましたが、
今回は念願の園内にあるヨセミテロッジに2泊!


トンネルビューからハーフドームを望む。

ブライダルヴェールは朝陽を浴びて輝いてます。

2日目はなんとなんと!!
ネバダフォールの上まで登っちゃいました。
123階分登ったらしい(iPhoneのヘルスによると)!

ロッジのフロント
部屋はいくつもの棟に別れています。


6日目は地元のサードウェーブ系のコーヒーショップで朝ごはん。
その後サンタクルズという海が近いところへ、
友人がボランティアで関わっているファームへ行き、ちょっとお手伝いをしました。
海辺を散策して、山とはまた違う景色を堪能です。


フレーバーコーヒーが多かったです。美味しかったよ〜〜。

ファームでは沢山の花が育っています。

販売用の花束を作らせてもらいましたよ〜〜。
アメリカにしてはちょっと地味??


7日目はサンフランシスコ観光も兼ねて、SF MOMAへ。
アンディーウォーホールが企画展でした。7階建建ての都会の美術館を
ゆっくり回って、色々な展示を観ました。


またもや霧の中のゴールデンゲートブリッジ、リベンジならず・・・
友いわく「こんな人珍しい」そうです。また、来るね!!

MOMAは全て写真可でした!!
日本はやはり規制が多いように感じます。なぜでしょうね?

8日目は夕方の飛行機で帰路につく日。
朝はゆっくり近所のスーパーまで、散歩を兼ねて買い物に行きました。
そして午後には友人家族が空港まで送ってくれて、ハグをしてお別れです。
暮らすように旅を出来たのは、友人家族と同行の友のおかげです。
頂いたご縁に感謝しかありません!!


自分用のお土産です!
集めてみると、土の色と葉っぱの色がほぼ、
アースカラーでまとまってますね、笑。


あっという間の9日間でした。
サンフランシスコ旅日記と言っても、サンフランシスコの街はほんのちょっと。
ほぼローカルに自然を楽しむ旅が出来ました。
買い物も、ちょっとした記念になるものや、日常で消費するもので美味しそうなもの。
年を重ねて、旅の目的、自分らしい旅のあり方のようなのもはっきりとしてきました。
やっぱり、大切なのは、自分の足でそこに立ち、そこにある景色をしっかりと見て、
五感をフルに開いて、感じることが一番と思います。
もちろん、素敵な写真や記事を見て想像することから始まるのですが、
大きいもの、小さいもの、大小関わらず、自身で見ることのように思います。
もしも、このブログで行ってみたい〜〜なんて思っていただけたら、
そして、出かけることが可能なら、見てみて、感じてみてください。
世界は、自然は大きい!!小さな自分もその中のひとつと言うことを。



2019年7月2日火曜日

まいにちと花

先だって、エッセイストの石黒由紀子さんの新刊
「楽しかったね、ありがとう」と言う本が出版されました。
この本は、長生きして逝った犬や猫と飼い主が過ごした日々と別れのことを
20人に取材をされ、20通りのお話が綴られたものです。
私もその中の一人で、息子2人と愛犬ジャックラッセルテリア2頭との、
20年ほどに及ぶ生活のエピソードが紹介されています。


タイトルが、ほんとうに・・・このまま天国の二匹に届けたい!!

本が届いて、皆さんのお話、そして自分ちの話は何度も読みました。
まいにち、まいにち、同じ道を散歩して、ただ一緒に暮らした20年弱。
特別な日はそんなになかったけど、家族みんなでわいわい、忙しく、
笑って、怒って、泣いて、そんな中にいつも2頭がいてくれました。
「日常のひとつひとつが宝物」と書いてくださって・・・
ぎゅーっと抱きしめたくなるような歳月だったなぁと、改めて思い、
この本が宝箱!!と思いました。

今年になって2月から、私の部屋リビング様のHPとInstagramで
「まいにちと花」という連載コラムを担当させていただいています。
暮らしの花をテーマに花を生けつづけてきて、
そこには「まいにちの暮らし」というのが根っこにあります。
”まいにち”って、日常ですが、これこそがある意味奇跡というか、
特別なのかもと、年を重ねるごとに強く思うようなりました。
そんなことも、今回の犬との暮らしの文章を読んでまた思い、
私の日常、生活の中のひとつだなんだよね、花も。と思ったりしています。








私の部屋自由が丘店様では、コラム「まいにちと花」のコーナー展示を
7月からスタートしていただくことになりました。
いつもお取り扱いいただくようなものともちょっと違う、
リースやスワッグなどをひとつひとつ1点もので展示販売してくださってます。
皆さんのまいにちに、少し花を添えることができたら、幸せ!!
ちょっぴり支離滅裂かも?ですが、今回は本を通したことで思った
自分のまいにちの花のことを綴ってみました。


2019年6月18日火曜日

かごは私のパートーナー

6/12 (水)から16(日)まで、国立の「世界のかご カゴアミドリ」さんにて
”花とかご展”というイベントがあり、花生けディスプレー、
ワークショップ、花やスワッグの販売などを担当させていただきました。
世界のかご、ということで、本当に世界各地のかごのお店です。
オーナーの伊藤さんご夫妻が現地に赴いて、作り手さんに会い、
日本にやってきた、背景まできちんと見えるかご達が並んでいます。
そんな色々な国のかごに沢山の花を生けさせていただきました。
かご好き冥利に尽きる5日間でしたよ!


エントランスにはフランスのかごにたっぷり

お店入って正面がメインコーナーです
色々な国、素材、用途のかごを並べて生けました

あっという間に5日間は終了し、今回このような機会をいただけたこと、
生けた花のことなど色々考えてみたりしてます。
まずは私の暮らしの中のかごの存在をみてみました。
初めてちゃんとしたかごを買ったのは20代の最初の頃でしょうか?
ヨーロッパやアメリカのものを扱う雑貨店に勤務していました。
そこでフランスの柳のかごというのに触れる機会があり、
フランス、パリが一番の憧れの若かりし頃、ちょっと高価でしたが、
手つきのバスケットを購入しました。


こちらがそのかご、30年以上ってことか!!すっかりあめ色に
少し割れてしまいましたが、今も仕事で荷物を入れたりして使っています
この後、丸い形、ランドリーバスケットも手に入れ、今も現役です!

花を生けたり、お出かけに使うかご達

包装資材を入れてみたり

アイロンする衣服を入れて、アイロン後も入れてチェストまで運びます

おやつやパン、果物を入れたり

かごバック的なもの
もちろん花を生けるのにも使います

ちょっと遊びっぽいのもあります

大きな背負子は大枝を生けるために10年以上前に買い、普段は物入れに

沖繩、バリ、旅先で買ったものも収納に

おニューの買い物かごです

木の実や枝を入れたらおしゃれなインテリア小物に

ぐるっと生活を見まわすと、こんな風にいろんなところで大活躍しています。
あとは調理用品に物入れもありますね。
長男が生まれた時はベビーバスケットも使ったなぁ、とか・・・。


しょっちゅう花生けてます


こうやって改めて見ると、私の生活にはかごが欠かせないものだと。
ここ数年、ファッションアイテムとしてのかごバックは流行っていますが、
私にとっては生活すべてにおいての道具であり、
花を生ける器でもある、大切なパートーナーのような存在です。
こんな私だからか、神様が今回のご縁をくださったのかな?と。
好きって、すごいことですね。
またまた感謝、感謝の「花とかご展」でした。
暮らしを楽しくしてくれるかご、長く、愛着を持って使い続けたいと思います。
皆さんも、かごを使う生活、ぜひ実践してみてください。
毎日が楽しくなりますよ!